覆面調査のチェックポイント「QSC」

企業や店舗の経営改善の目的で行われる調査には、普通のお客様を装うミステリーショッパー(覆面モニター)の存在が欠かせません。覆面モニターは、お店に行きサービスを受けることで謝礼を受け取ることができる注目度の高い仕事です。覆面モニターとして店舗へ足を運ぶ際には、「QSC」を意識することをおすすめします。

Q(クオリティー)

クオリティー

店舗で提供している商品のクオリティーは、リピーターを獲得するために欠かせないポイントです。定められた品質基準に沿ったものを提供しているかをチェックする必要があります。

例えば、飲食店でしたら食事の美味しさはもちろん、食材・調味料・温度・調理時間など。エステサロンや美容室では、施術内容の種類や豊富さ、仕上がりの満足度などを客観的な目線で調査することが大切です。

S(サービス)

S(サービス)

顧客満足度を高めるための要素となるのが、社員やアルバイトのサービスです。「お客様第一」「おもてなし」の奉仕精神は、商品やサービスの提供方法や気遣い、目配りなどでチェックできます。

定められた指針に則ったサービスが提供できているか、お客様の行動を読み取り一歩先のサービスを積極的に行なっているか、自然な笑顔で対応しているかなど、店舗内で働くスタッフの接客に対する姿勢をチェックしてください。

C(クレンリネス)

C(クレンリネス)

もう一度足を運びたくなるお店にするためには、店内の衛生面や清潔さは重要なポイントとなります。クオリティーやサービスももちろん重要ですが、店内の雰囲気や衛生面も再来店においては重要な判断材料となります。

お店の入り口に提示されているメニューに興味を示しても、店内が不衛生であれば提供される料理や商品、サービスにも不安を覚えてしまいます。そのため、まず店内に入ったら清潔感が保たれているかをチェックしてみましょう。

このようなポイントを押さえておくと、覆面モニターとなり調査する際にも判断しやすくなるはずです。ショッパーズアイでは、様々な店舗の覆面モニターを募集しております。ぜひご興味のある方はご応募ください。

覆面調査・ミステリーショッパーのショッパーズアイに登録する>>

▲ 『覆面調査のチェックポイント「QSC」』のページ上部へ戻る