レポートを書くポイント

覆面モニターのバイトでは、調査報告のためのレポートを作成していただきます。レポートは企業の改善活動に大きく関わってきますので、本記事では作成のポイントをご紹介いたします。

現場の状況を具体的に書く

現場の状況を具体的に書く

レポートを書く際には真実を伝えることが大切です。現場の状況を具体的かつ簡潔に書いて分かりやすくまとめましょう。ポイントは、現場を全く知らない人が読んでも状況をイメージしやすいように作成するということです。

意識しながら記入するようにしましょう。ただ、フリーコメントの欄は多めに書いた方が企業にとってありがたいものの、あまりに長い文章というのも読み手にとっては負担となります。要点をまとめて簡潔かつ明瞭に書きましょう。また、感想だけのコメントは、NGになります。【事実/評価の根拠となるスタッフの具体的な事実・行動・言動】、【スタッフとあなたの会話】をご記入ください。

良い点もチェックする

良い点もチェックする

覆面モニターと聞くと、どうしても悪い部分をチェックするというイメージが強いかもしれません。しかし、お店の悪い点ばかりを指摘するのではなく、良い点を挙げるのも重要な調査です。

もちろん、レポートでは率直な意見が求められるのですが、「店員の接客態度が良くない」「笑顔がない」といったような苦情やダメ出しばかりを伝えるのではなく、あなたにとって良かった点も記すようにしてください。ネガティブな表現もなるべく避けるようにして、「〇〇だったのが残念」などのやわらかい言い回しの方がよいでしょう。

お客様目線の改善点を伝える

お客様目線の改善点を伝える

レポートでは一般的な情報や第三者目線での評価は必要ありません。
あなたの感じた想いやその背景を詳しく記入して、評価に対しての改善点をお客様の目線で伝えるのも重要です。つまり、「ここが悪かった・良かった」という報告で終わるのではなく、「もう少しこうしてほしかった」「何がどう良かった」というように、具体的に書くと企業側に意図が伝わりやすくなります。

あなたが感じたことを鮮度の高いうちにレポートにしてほしいので、ショッパーズアイでは8時間以内の提出をお願いしています。覆面モニターで調査された内容は、そのまま美容業界や飲食店などに届けられます。あなたの声をレストラン・カフェ・エステなどの様々な企業が募集していますので、ぜひご登録ください。

覆面調査・ミステリーショッパーのショッパーズアイに登録する>>

▲ 『レポートを書くポイント』のページ上部へ戻る